太陽光発電のローンは低金利


太陽光発電を導入する際にローンを利用している人が多くなっています

このローンを取り扱っているのは、銀行や信用金庫の他に、信販会社やメーカーや販売会社などでも取り扱っていることがあります。

銀行系や信販系では大手の金融機関が取り扱っているという特徴があります。

太陽光発電のローンにはいくつかの特徴があります。それは普通のものよりも優遇された低金利で借りることができるという点です。

太陽光で土地・空き地を活用して安定収入!

支払期間に関しても最大で15年間にすることができる場合もあります。気になるのが金利ですが、長期プライムレートといわれる最優遇金利に1.5パーセントをプラスしたものというように決められていることが多くなっています。

このほかに担保なしてお金を借りることができるというような特徴もあり、一般的なものよりも借りやすくなっています。太陽光発電ローンのメリットは、発電システムの設置費用を用意することができなかった場合でも、システムを設置することができるという点です。現在では電気の売電収入が約束される形となっているので、しっかりとした発電量があり、電気を売ることができればこの売電収入でローンを返済することができます。

実際に融資を受けるときには一定の条件があります。たとえば安定した収入があることや自治体の補助金を受けていることなど各機関によって融資条件が異なっています。変動金利を採用しているところが多く、この場合年に2回の金利見直しが行われています。

実際にローンを利用するのかどうかをしっかりと考え、実際に利用する場合にはどこの商品が得なのかをあらかじめ調べておくようにしますこのときに複数の業者から見積もりを取ることが大切です。

この際に便利なのが一括見積もりサイトです。1分程度の入力で簡単に見積もり依頼をすることができます。

その後に詳しい現地調査を行ってもらい、正確な発電量のシミュレーションや最終的な費用の見積もりを出してもらうようにします。

太陽光発電のローンの返済期間と金利

太陽光発電を導入する際に一番気になるのが費用に関してです。

決して安い買い物ではないのでしっかりと考えることが大切です。

太陽光発電を導入する際には初期費用の価格が高くなります。

ここで自己資金でまかなうという方法もありますが、ローンを組むという方法もあります。

これは発電システムを導入する際に利用するローンのことになりますが、一般的な商品よりも長期返済が可能で低金利という非常に優遇された内容となっています。

気になる返済期間ですが、最長で15年という期間となっています。

金利は固定金利となっており、初めの金利に関してはそのまま返済期間中続くようになっています。

金利は約3パーセント程度の低い金利で組むことができるようになっています。

したがって最近では利用する人が多くなっています。

たとえば3パーセントの商品を利用する場合、支払総額が100万円の場合には10年間で毎月の返済が9656円となっています。

支払総額が200万円の場合には10年間で毎月の返済が1万9312円となっています。

この金額であれば、ある程度の大きさの太陽光発電を導入してシステムもしっかりと自分にあったものを選ぶと、経済的にメリットとなります。

最終的に毎月お金が自動的に貯まっていくことができる金額となっています。

このほかに金利が2パーセントというような商品を用意しているところもあります。

したがって検討する際には金利にも注目しておくようにします。

太陽光発電のローンを選ぶときには、メーカー保証の年数とローン年数は同じにするというのが一つのポイントとなります。

基本的にメーカーが発行している保証期間に関しては10年というのが多くなっていますが、この期間のメーカーを選んで15年でのローンを組むと言うことになると、保証期間が終了してもしものことがあったときに修理代金がローン金利にプラスされてしまうと言うことになります。

10年間は機器が壊れても保証で何とかすることができローン以外の金額を払うことがありません。