太陽光発電の普通償却と特別償却

太陽光発電は特別償却や税額控除ができるようになっています。

太陽光発電を耐用年数によって取得価格を減価償却として費用化することができるようになっています。

これを普通償却といいます。この普通償却の他に特別償却というものもあります。

エネルギーの不足が問題となっている現在ですが、このような中でエネルギー環境の負荷を少しでも減らすような設備を導入した場合には、普通よりも多めに費用化することを認めるという内容となっています。

太陽光発電でもこのような設備に該当していると言うことで、青色申告法人に該当する場合には特別償却として取得価格の30パーセントを普通償却に加えて減価償却を行うことができるようになっています。

この決まりに関しては2年間の時限立法となっています。このように減価償却の必要があるのは企業やビルのオーナーが太陽光発電を設置した場合となっています。

したがって一般の家庭で太陽光発電を設置して減価償却をしなければいけないと言うことはほとんどありません。

しかし確定申告が必要となるほど売電金額が発生しているという可能性もあります。

サラリーマンの場合は、給与以外の所得が20万円以下と言うことであれば確定申告を行う必要はありません。しかし売電金額から太陽光のシステムの減価償却費を差し引いた金額が20万円を超えるという場合には、確定申告を行う必要があります。

耐用年数が17年という事で、単純に初期費用を17で割った金額というように計算しないことが大切です。

ここでは売電した電力だけを発電しているというのではなく、自家発電した電力も発電していると言うことになるので、初期費用の中で充電した電力の占める割合を計算して、その割合の分だけを必要経費として売電金額から差し引くという形になっています。

ここで差し引いた金額が年間に20万円を超えると言うことになれば、確定申告をしなければいけません。この仕組みをしっかりと理解しておくようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です