【DIY】太陽光発電を自作する

最近では太陽光発電を設置する人が多くなっています。

太陽の光を使って電気を発生させることができるという点がたくさんの人に注目されている理由となっています。

しかし実際に設置するとなるとたくさんの費用が必要となります。

したがって事前にしっかりとシミュレーションを行って検討する必要があります。

最近ではこの太陽光発電をdiyする事ができるようになっています。

簡単な構造のものですが、その仕組みと用意しなければいけない部品を揃えることで比較的簡単に作ることができます。

最初から作ると言うことになれば少し複雑になるので難しいですが、部品をまとめ買いして組み立てると言うだけなのでそこまで難しく感じることはありません。

用意しなければいけないものは廃バッテリーになります。これは近所の車屋さんなどでもらうことができます。

またインバーターも必要になります。

価格は2500円程度となっています。このインバーターはUSB端子とコンセントが2個付いていて、携帯電話やパソコンの充電までを適正な電圧で供給してくれるようになっています。

電圧が11ボルトになると自動で電源を遮断するという仕組みになっています。また太陽光発電に欠かせないものがソーラーパネルになります。

5Wのもので価格は1650円となります。三連シガーソケットも必要になります。これは700円程度で購入することができます。チャージコントローラーは必ず用意しなければいけません。

これが適正電圧で充電をし、過充電や逆流を舞い込んで制御してくれるという非常に優れたものとなっています。端子台とヒューズ、このほかにはバッテリー接続用の大型ワニクリップも用意します。

端子台は400円程度となっています。

ワニクリップは1個60円程度で配線コードも安く150円程度です。シガーソケットタイプノデジタル電圧計は電圧を示し、バッテリーてらあとどのくらい使うことができるのかの目安を知らせてくれるものとなっています。

この価格が600円程度となっています。このように比較的安い価格でdiyすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です