太陽光発電の代表的な3つの保険

太陽光発電は、このシステムが導入されるようになってからまだ歴史が浅くなっています。

したがって保証などに関しては確立されていない部分やリスクが考えられると言うことがあります。

再生可能エネルギーの全量買取制度が施行されたと言うことで、たくさんの企業でこの事業への参入を検討しています。

最近では急速に脱原発の考えが高まって、政府としても積極的に普及促進策を掲げているという状況です。

したがってこのシステムは将来ますます期待されるエネルギーであると言っても過言ではありません。

そこで太陽光発電の設置を考えている人が多くなっていますが、実際に設置をする際にはたくさんの建設費用が必要になります。

とくに企業などの場合は産業用と呼ばれるシステムで規模が大きくなるので、億単位の費用が必要になります。

したがって基本的には金融機関の融資制度を活用することが多くなっています。

この金融機関からの融資を受ける際には保険加入が前提条件となっているところも多くなっています。

太陽光発電はリスクが少ないと考えられていますが、まだ歴史が浅いものとなっています。

したがって実際に稼働をした後に発電量が低下してしまうというようなリスクの可能性もあります。このような場合に少しでも負担を軽減できる保険商品が求められているのです。

太陽光発電で加入できる代表的な保険は次のようになっています。

それは火災と動産と施設賠償責任となります。

火災保険の場合には太陽光発電システムを設置する建造物に付けた保険に加入をすることもできるようになっています。

気になる年間の保険料ですが、基本的には保険金額に保険料率を乗じて算出するようになっています。

このように最近では太陽光発電事業の実態に合わせた商品がたくさん生まれています。

今まで簡単に参入することができなかったというような発電事業者でも、商品が充実することによって融資による資金調達もスムーズに行えるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です