太陽光発電のメリットとデメリット

原子力発電の事故などから、環境への影響が少ない様々なクリーンエネルギーへの需要や希望が高まっていると思います。その中で太陽光発電というものがあります。災害時にライフラインが遮断された場合でも使うことができます。

太陽光発電は装置を設置すれば生み出された電気はご家庭で使うだけでなく、売ることもできます。電気を売ることでそれが収入につながるような使い方も出来るのです。もちろん発電装置に費用はかかりますが、様々な自治体からなどの補助金などがあり費用を節約することが可能です。電気を売ることが出来るので設置費用のローンを組んでもその分を回すことが出来るので、初期費用を回収することも出来ます。

屋根に置くタイプの装置は低価格になりますが、屋根の形によって工事が難しくなったり、パネルを設置することで雨漏りの心配があったりと問題もあります。太陽光パネルが最初からついている屋根もあります。

パネルと一体型の屋根ですと建物への負担が減りますが、パネルも固定資産税の対象になったりメンテナンスに手間がかかったりするデメリットもあります。個々のライフスタイルに合わせてしっかりと考えて選択するしなければ、後で損をしたと思ってしまう事もあるかもしれません。

天候が不安定な時期など必ずしも安定的に発電できるわけではありませんし、太陽光発電の売電価格は年々下がってきているという事もあります。しかし、再生可能エネルギーの固定買取制度というものがあり太陽光発電を導入した時の売電価格と同じ金額で国が電気を10年・20年と買い取りを保証してくれるという制度があるので、早めに太陽光発電を導入した方がお得になります。

ですがあわてて決めてしまうと悪徳業者などに引っ掛かってしまう可能性もあるので注意が必要です。屋根の工事など粗悪な業者によって不完全で雑な工事をされてしまったり、とんでもない高額の費用を請求されるという事もあるので、注意してください。

自分のライフスタイルに合わせて選択すれば、お得にクリーンに電気を使う事が出来るのでいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です