太陽光発電のデメリット

太陽光発電というと環境に優しい、電気代を節約できる、売電できるためお金になるなど良いことずくしに感じますが実際はデメリットもあるのです。

まず、太陽光発電ですので環境に大きく左右されるということです。天気が良く、太陽光が降り注ぐ日であれば電気をたくさん発電してくれます。

しかし、毎日天気が悪ければどうでしょうか、まったく機能しなくなるわけです。そのため発電量が一定ではないのです。もしあなたが雪や、雨の多い気候の場所に住んでいれば太陽光発電は機能してくれません、曇り、雨の日の発電量は晴れの日の半分以下です。

それ所が、雨でソーラーパネルが痛みメンテナンスが多く必要になり莫大の支出になりかねません。晴れやすい気候に家があったとしても隣に新たな建物が立ち、日陰が生まれ、太陽光発電が機能しずらくなったということもあるようです。

また仮に太陽光発電のためのソーラーパネルを屋根に設置したとしましょう。

設置には多くのお金と、面積が必要になります。そうした時に引っ越すことになれば赤字は避けられません。引っ越したくても引っ越せなくなるのです。ですから、ソーラーパネル設置を検討する場合は自身の未来を想定してよく考えた上で設置することが重要になります。また、ソーラーパネルは100キロ単位の重さがあるため、強度の弱い家では地震が来た瞬間潰れてしまいます。そういった悲劇を生まないためにも今住んでいる家の耐震強度はどのくらいあるかも考えた方が良いです。

売電できるのはかなり魅力的です。

よって、太陽光発電を行うためソーラーパネルを設置している家が増えてきています。しかし、太陽光発電を行い、売電する家が増えてくると電気会社も利益を獲得しなければならないので買い取り価格が下がってくると言われております。そうなれば売電の魅力はなくなってきてしまいます。

太陽光発電のソーラーパネルを売っている業者も利益を出さなければならないので損になるようなことは言いません。しかし、上手い話しの裏には悪いこともあるものです。ですからご自身でソーラーパネルの設置は本当にメリットになるのかを今一度考えることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です